Reference(Professor Longhair Live Album)
2.Ladies And Gentlemen! Professor Longhair!(Eagle Record EA-R90600)
1.Mess Around 2.Big Chief 3.Every Day I Have The Blues 4.Mardi Gras In New Orleans 5.Tipitina 6.Hey Now Baby 7.StompIn' With Fess 8.Mardi Gras In New Orleans 9.Doin' It 10.Every Day I Have The Bluse 11.How Long Has That Train Been Gone 12.Doin' It Again
The Personal is:Professor Longhair(piano/vocal),Bigg Will Harvey(guitar),George Davis(bass), David Lee(drums),Alfred 'ugando' Roberts(conga),Andy Kaslow(tenor sax), Tony Dagradi(tenor & Soprano sax)
発見!youtube動画と照らし合わせて聴いてみたところ、前半は1978年のNewport Jazz Festivalの音だと確認できました。 詳しくはyoutubeのページでどうぞ。

とにかく変なライブ盤で、所謂海賊版というやつでしょうか。
バンドメンバーの顔ぶれや同曲目の重複が多いことから、おそらく70年代後半のヨーロッパでのライブを寄せ集めたものではないかと思う。また、アルバム『クロウフィッシュ・フィエスタ』同様、実際の曲順と表記の曲順がA・B面逆となっていることから、もともとレコード盤であるものをCD化したのかもしれない。(上記の曲順は実際に収録されている曲順)音質、非常に悪し。4〜6の3曲は録音テープの回転が速いのか若干ピッチが上がっていて、フェスの声がいつもよりかん高い。